雰囲気に飲まれないようにする

モデルハウスは、分譲住宅の購入を検討している人にとって、とても参考になる存在です。ただ、モデルハウスは、トップのデザイナーたちが考え作り出したものであるという事を忘れてはいけません。より良い物件に思ってもらえるよう、一つ一つのデザインに力を入れ、たとえ業界の人が目にしたとしても良いと思えるような形に作り上げられています。物件そのものだけではなく、配置されている設備や家具なども同様です。

ただ、そういった部分は、ご自身がこれから作ろうと考えている家とは合わない可能性があります。その魅力が忘れられず、営業マンに勧められるがままに家を作っていってしまうと、予算を大幅に上回ってしまったり、機能性よりデザインが先行した家になってしまったりする心配があるのです。あくまで、自分はどういう家にしたいと思っているというような、芯をしっかり持っておきましょう。

もし、モデルハウスに気になる仕様、設備などがみられたのであれば、営業マンにどのくらいの価格なのか聞いてみると良いです。ご自身の予算内に収まるものであれば取り入れてみても良いですし、高いのであれば省く形でも良いです。モデルハウスに訪れた際には、営業マンを上手に活用する事も大切でしょう。